~山城福祉会の理念~

利用者の基本的人権を尊重し、その障がいと発達の実態・課題に沿った支援を適切に実現できるように努めます。
障がい者に対する地域の理解を得るため、地域に開かれ、地域に根差し、地域と共に歩むように努めます。
職員は自己研鑽に励み、職員相互の協力によって最大の福祉サービスを提供できるように努めます。

新着情報

画像山城福祉会 職員虐待防止研修会「よりよい支援のために~支援の基本に立ち返る~」を行いました。南山城学園「翼」の西田武志施設長を講師に迎え、障害者の権利侵害が起きる背景を考え、その上で支援現場に求められることを学びました。
画像山城福祉会 中堅・リーダー職員研修を行いました。
OJT体制の構築と推進について、法人各事業所の職員間で事例検証を通じた意見交換を行っています。
画像2月5日(火)6日(水)の2日間 槇島小学校5年生の槇島・宇治川福祉の園の見学会受け入れを行いました。
3クラス 約90名の生徒の皆さんを1クラス毎にご案内し、両園の作業の様子を見学していただいたあと、質問などにお答えをしています。
画像平成30年度 山城福祉会「実践事例報告会」を開催しました。
2019年新卒採用情報を更新しました。 詳しくはこちら
「ショートステイ巨椋」 を開設しました。
「グループホーム巨椋・蓮」 を開設しました。
「グループホーム巨椋・華」 を開設しました。
常務理事を廃止し、副理事長を設けることになりました。
副理事長には宮本隆司が就任しまた。
南遊田のグループホームの名称が「グループホーム巨椋・華(はな)」と「グループホーム巨椋・蓮(れん)」に決定しました。
地域生活準備室を開設しました。
槇島福祉の園では2回目となる第三者評価を受審しました。
グループホームかさとりにスプリンクラーと自火報の設置を完了しました。