槇島福祉の園

  就労継続支援B型

画像
画像
画像

【目的】
施設内や協力事業所などで支援を受けながら働くことができます。利用者一人ひとりのニーズに合わせ作業時間などを設定し、自分らしい働きを見つけていくことが目的です。【内容】
 施設内での配食サービス事業,紙器加工,パックや袋への商品シール貼り,リネン作業,施設外の実習などで働くことで工賃が支給されます。また、より良い生活を目指し、下記のような取り組みも実施しています。
サークル活動(スポーツ,文化,書道など)
生活力の向上を目的にトイレなどの掃除
余暇活動(ボーリング,カラオケなど)
健康診断
歯科チェック
福祉まつり等への参加
自治会活動の支援
宿泊旅行
日帰り旅行
         ※各年度の事業計画に沿って支援内容が変更されることがあります。

槇島福祉の園では、地域で働き、地域でくらす~ゴールは地域へ~を基本理念に、利用者が働くことへの喜びや意欲を感じられる魅力的な働きを模索してきました。障害者自立支援法施行時、就労移行支援が叫ばれ多くの利用者が社会就労の機会があれば・・・・とチャレンジを応援する施策であった為、就労継続B型は影をひそめてはいたものの、就労移行支援が進むにあたり、「その人らしい働きを考える」動きがより強まったように思います。
近年、就労継続B型を利用する者の「働き」におけるニーズが二極化しつつあります。30歳前後のこれからの働きをかたち付ける世代と、様々な社会経験をつみ、体力的にも自身の働き方を見つめる世代です。これらのニーズにこたえる為、より魅力的な作業種目を検討し、拡大発展させることが急務であると考えています。

槇島福祉の園

施設一覧