槇島福祉の園

   就労移行支援

画像
画像
画像

【目的】
企業などへの一般就労を希望し、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じて適性にあった職場への就労が見込まれる65歳未満の人に対して、事業所内での作業訓練や、企業等での職場実習、就職後の職場定着支援などを行うことが目的です。
【内容】
主に槇島福祉の園内で作業に取り組むことで、仕事をする上で必要な作業能力や就労マナーを身につけていきます。また施設外へ実習に行くことで、より実際の会社の中で働いている雰囲気に近い状態を体験でき意識向上に繋がります。それ以外にも以下のような取り組みを行っています。
・作業開始前の身だしなみチェック
  ・作業道具の個人管理
  ・基礎体力作りのためのランニング
  ・トイレ、玄関周りの清掃
  ・他事業所や職場の見学
  ・合同面接会やセミナーへの参加
  ・就職に向けた座学(履歴書の書き方・面接練習 等)このような取り組みを通じて就職された後も、ジョブコーチ支援制度を利用してフォローアップを行っています。
           

ジョブコーチ支援制度について
・ジョブコーチとは
障害者とその家族、及び事業主に対して障害者の職場適応に関するきめ細かな支援を実施することにより、障害者の職場適応を図りそれにより障害者の雇用の促進及び職業の安定を目的としています。1.障害者が職場に適応できるよう、障害者職業カウンセラーが策定した支援計画に基づきジョブコーチが職場に出向いて直接支援を行います。
2.障害者が新たに就職するに際しての支援だけでなく、雇用後の職場適応支援も行います。
3.障害者自身に対する支援に加え、事業主や職場の従業員に対しても、障害者の職場適応に必要な助言を行い、必要に応じて職務の再設計や職場環境の改善を提案します。
4.支援期間は、標準的には2~4ヶ月ですが、1ヶ月~7ヶ月の範囲で個別に必要な期間を設定します。また、支援期間後も1年間のフォローアップ期間がありますが、支援は永続的に実施するものではなく、ジョブコーチによる支援を通じて適切な支援方法を職場の上司や同僚に伝えることにより、事業所による支援体制の整備を促進し、障害者の職場定着を図ることを目的としています。・ジョブコーチの支援内容
【障害者への支援例】
仕事に適応する(作業能率を上げる、作業のミスを減らす)ための支援
人間関係や職場でのコミュニケーションを改善するための支援
【事業主への支援例】
障害を適切に理解し配慮するための助言
仕事の内容や指導方法を改善するための助言・提案
【家族への支援例】
対象障害者の職業生活を支えるための助言
           

画像

槇島福祉の園

施設一覧