志津川福祉の園

施設方針

基本方針
志津川福祉の園は、知的障害のある人たちが人間として尊厳が守られ、豊かな人生を自己実現できるよう支援する通所型福祉施設です。全ての関係者が知恵を出し合い、行動を興し障害者との共生を図る中で、真のノーマライゼーション社会の実現に寄与していくことを基本方針としています。
十八歳以上の知的障害のある人で、雇用されることが困難な方が通所し、自活に必要な訓練を行うとともに仕事を通じ自立していくことを目的としています。

施設の特徴
生産事業は、「自主企画・自主生産・自主販売」を目標とし、陶芸、織物、縫製、養蚕の事業を行っています。他に、受託事業として、公共施設や公園などの清掃を行っています。
また、年間を通じてみんなが楽しめる行事として、「わいわいカーニバル」、夏まつり、京都てんとう虫マラソンへの参加、一泊旅行、宇治福祉まつりへの参加、秋のレクリェーション、志津川陶器まつり 、クリスマス会等があります。
地域の皆様と共に歩み、地域に根ざした施設、あたたかい人と人との繋がりを大切にして、一人一人が輝く施設でありたいと願っています。

施設概要

設置主体 社会福祉法人 山城福祉会
指定年月日 平成8年4月1日
施設長(園長) 藤本 一幸
所在地 〒611-0015 京都府宇治市志津川西山15-2 →アクセス
TEL・FAX TEL. 0774-20-9902  FAX. 0774-20-9903
e-mail situgawa@maia.eonet.ne.jp  
利用定員

就労継続支援B型 30名 ・ 生活介護事業 10名
施設設備等 敷地面積:1871㎡
床面積:836.491㎡(鉄筋コンクリート造り3階建て)
設備:エレベーター,障がい者用トイレ,養蚕定温無菌飼育室,陶芸用電気窯・ガス窯,送迎車両(マイクロバス,ワゴン車)

沿革

1995年8月
故梅原文雄氏(宇治市志津川)施設建設のために土地寄贈
1996年4月
開設開園
2005年8月
養蚕定温無菌飼育室(シルクハウス)設置
2008年7月
養蚕定温無菌飼育室(シルクハウス)増設
2012年7月
太陽光発電システム導入

志津川福祉の園

施設一覧